相続・遺言

HOME>相続・遺言
相続開始 遺言書の有無の確認 相続人調査/確定 相続財産の概略把握 相続放棄/限定承認の検討 準確定申告 相続財産の調査/評価 遺産分割協議 遺産分割協議書作成 不動産の相続登記 預貯金の名義変更 相続税の申告/納付
3ヶ月以内4ヶ月以内10ヶ月以内

当事務所の業務

相続問題は、被相続人(亡くなった方)の財産処分や、残された方の身分・立場に重大な影響を与えます。
相続のことを考えるのは、自身の余命を覚悟する段階になってからでよいと思っておられる方もいますが、果たしてそれでよいのでしょうか。

写真:忘れな草

遺言ひとつを例としても、遺言時に意思能力を有していたか否かをめぐりご家族の間で争いが生じる可能性があり、最悪の場合、遺言の効力を否定されるおそれがあります。

もう一つは、たとえ認知症でなくとも、病が篤くなった後では心身に多大な負担のある状況下で遺言を残さざるを得なくなるということです。

そして何より、ご自身が亡くなってしまってからでは何もなりません。
遺言は財産や人間関係等の状況の変化があった場合に、いつでも撤回・訂正が可能です。特に相続権がない人への配慮が必要な場合においては、余裕のあるうちから対策を講じておく方が望ましいといえます。

当事務所では、相続が円滑に執り行われるように、ご相談者様にとって最適な方法で遺言書の起案や相続手続きのためのお手伝いをいたしております。

行政書士喜多良樹事務所
〒642-0033
和歌山県海南市鳥居115
TEL:050-3444-4728
受付時間
平日9:00~18:00
土日祝のご相談は事前予約をお願いします
対応地区
和歌山市、海南市、有田市、
紀の川市、紀美野町、湯浅町
ページの先頭へ戻る