契約書・内容証明

HOME>契約書・内容証明
写真:万年筆

契約というものは守るのが当然なのですが、現実的には相手方が守らないという事態も想定しておかなければなりません。

人と人の付き合いというのは、どんなに親しい間の仲であっても、長い歳月のなかでほんの些細なことで関係にひびが入るかもしれません。
そのような事態になった場合、口約束でお金の貸し借りなどをしていると後処理が大変厄介になってしまいます。

契約の際は、たとえどんなに言いにくいこと、気が引けることであっても、履行がされない場合どうするかという取り決めを定めておくのが大切な場合もあります。

契約書について

一般に契約書というものは、当事者の権利義務を明確にする必要上、複雑な文言で構成されており、そのため内容確認が煩わしく、充分な理解のないまま相手方と書面を取り交わしてしまうことにもなりがちです。

その際に気を付けておきたい事がいくつかあり、
場合によってはせっかく契約書を作っても効力が無かったということになりかねません。

相手方との信頼関係を保ち、そして自らを守るためにも契約書の十分な理解が欠かせません。
当事務所では、これら「合意書」「示談書」等の契約書類の作成や、お手持ちの契約書などのチェックを承っておりります。

ご依頼者様の契約の内容をよくお伺いし、精査したうえで、納得をいただける契約書をお届けいたします。

料金については

内容証明について

内容証明とは差出人が「誰に」「どのような」内容の手紙が送達されたかを郵便局で証明してくれる郵便のことで、通常、相手方から受け取っていないと主張されないよう、配達証明の手続きを同時に執ります。

一例として、消費者保護の観点から一定期間内であれば理由を問わず申し込みの撤回・契約の解除ができる
クーリングオフがあります。

また、その他では以下のような事例においても利用されています。

このような通知の場合、多くが時効の問題と密接に関わっていますので「どの時点で」意思表示があったかを明確にすることが重要になります。

ただし、内容証明では主張している内容が真実であることの証明まではできません。
また、円満に解決を図る可能性が残されているケースなどでは出さない方がいいこともあります。
その点、ご注意ください。

ご依頼者様のご要望を正確に反映し、かつ適切な文面の内容証明を作成いたします。

料金については
行政書士喜多良樹事務所
〒642-0033
和歌山県海南市鳥居115
TEL:050-3444-4728
受付時間
平日9:00~18:00
土日祝のご相談は事前予約をお願いします
対応地区
和歌山市、海南市、有田市、
紀の川市、紀美野町、湯浅町
ページの先頭へ戻る